クレドインタビュー「3万部突破のヒット『社会人として大切なことはすべてリッツ・カールトンで学んだ』著者 清水健一郎氏」 - ページ 4

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』 クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

  友松:…。部長が変わるには、どうしたらいいんでしょうか?(汗)   部長には言えますよ。 「あなたが変わらないといけません!」と。 でも「どうやって変わったらいいの?」ってなると思うんです。 &n ...
続きを読む »
会社のために最短で仕事をする人が嫌いな経営者って…?

会社のために最短で仕事をする人が嫌いな経営者って…? クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

清水:私はおそらく、部長に嫌われる側の人間だと思います。例をあげてお話すると、部長は、いつも解決方法が1つしか無いと思っているように感じます。方法とか答えとか、例えばAという地点に行くとします。 それに通じる道が、何通り ...
続きを読む »
「お前の代わりはいくらでもいる」と思っていたら

「お前の代わりはいくらでもいる」と思っていたら クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

清水:豊かな時代ほど「お前の代わりはいくらでもいる」という言葉が使えるのです。 厳しい時代ほど、ひとりひとりを大事にしないとやっていけない。   友松:今は完全に売り手市場になっているじゃないですか。就職したい ...
続きを読む »
従業員の代わりはいくらでもいる時代はとっくに終わっていたけれど

従業員の代わりはいくらでもいる時代はとっくに終わっていたけれど クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

清水:おそらく、経験も無いのにアレコレ言うということに関して言えば、本人はコミュニケーションできていると思いこんでいるんです。 でもスタッフさんの話は聞いていないですよね。 相手のことを知ろうとしていないですよね。 &n ...
続きを読む »
「そういえば、部長、なんか変わったよね♪」と言われたいなら、まずやることはコレ

「そういえば、部長、なんか変わったよね♪」と言われたいなら、まずやることはコレ クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

清水:勉強会に参加した人にはこういう特典がありますよ。と言うような、わかりやすさ。 例えば、勉強会に参加している時間も時給が付きますよ。とか、おそらくそういった特典をつけないことには、スタッフさんは参加しないでしょう。 ...
続きを読む »
会社に新しい仕組みをを定着させるために注意しないといけないこと

会社に新しい仕組みをを定着させるために注意しないといけないこと クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

会社に新しい仕組みをを定着させるために注意しないといけないこと 友松:読書会に参加した時の特典ですが、それは部長の権限でどうにでもなると思います。 ただ、店長さんは自分も参加はしたけど、意識の低いスタッフに参加してもらう ...
続きを読む »
社内で新しいことを嫌がられずにスタートできる昔のマンガみたいな方法

社内で新しいことを嫌がられずにスタートできる昔のマンガみたいな方法。クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

社内で新しいことを嫌がられずにスタートできる昔のマンガみたいな方法 友松:いろいろな事情があって、本格的にクレド導入をスタートできないため、クレド6ステップ導入マニュアルにも入っている、読書会形式の社内勉強会とクレドマニ ...
続きを読む »
職場環境が変化しクレド導入の土台ができる手法!

職場環境が変化しクレド導入の土台ができる手法!クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1/ クレドサクセス実践ブログ(インタビュー)

職場環境が変化しクレド導入の土台ができる手法! 今回のインタビューでは、クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1の活用方法について清水先生にインタビューをしています。   友松:最初に清水先生がおっしゃってい ...
続きを読む »