著者:友松はじめ
Pocket

Honda Cars 仙台北

クレドを研究している友松です。

 

今回ご紹介するクレド導入企業は、Honda正規ディーラーのHonda Cars 仙台北様です。

Hondaではありません。Hondaのディーラーさんです。

 

Honda Cars 仙台北様のクレドは、こちらのページで公開されています。

https://hondacars-sendaikita.co.jp/mission/

 

まずHonda Cars 仙台北の存在意義、クレド、お客様との約束、社員との約束が掲載されています。

Honda Cars 仙台北のクレドは全部で14あります。

  1.  私たちは顧客ビーイングレベルの対応ができる、日本最高峰の会社になりたいと思っています。
  2.  私たちは、成熟した大人同士の付き合いを重視します。
  3.  私たちは、チームワークを重視します。
  4.  お互い高めあう人々には共通点があります。裏表がないこと。
  5.  「できない」「分からない」とはじめから諦めるのではなく、アプローチを変えて対応します。
  6.  私たちは、約束を必ず守ります。
  7.  人の嫌な面が見えたとき、それは自分の嫌な面を教えてくれるシグナルです。
  8.  私たちは違った知性の集まりです。
  9.  ゲストからのクレームは全員で協力し、翌日まで持ち越さないように徹底します。
  10.  私たちは、変化を楽しみます。
  11.  会社の数字に注目しましょう。
  12.  私たちは、自分で決断できる能力をもちます。
  13.  私たちは問題解決の際、原因思考にとらわれず、結果思考を重視します。
  14.  上司は部下と相談できる機会を定期的に、そして積極的にもちます。

 

それぞれの項目にさらに詳細な説明が書かれていますのでぜひ、Honda Cars 仙台北様のホームページをご覧になってください。

それから、Honda Cars 仙台北の存在意義、お客様との約束が5項目、社員との約束が5項目、掲載さていますので、こちらのぜひ読んでみてください。

 

クレドを導入している企業様のクレドを読ませていただくことは本当に勉強になります。

これからもクレドを勉強して、クレドがもっと普及するようにがんばっていきたいと思います。

 

 

記事/友松はじめ

クレド勉強会 友松はじめ

勤務していた食品通信販売会社の業務に関連するセールスマーケティング書籍の他、心理学、自己啓発、加速学習等、あらゆるジャンルの本を1 日1~2 冊のペースで読むようになり、3,000 冊以上を読破。
本から得た情報を担当していたインターネット通販に活かし、売上げを月商数万円のレベルから月商1,000 万以上、年商1億のサイトに育てる

現在は、自身の経験を基にしたビジネス読書法講師、読書法を使った読書会ファシリテーターとして、活動中

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加