著者:友松はじめ
Pocket

クレドを研究している友松です。
今回ご紹介するクレド導入事例は、婚活支援やライフデザインのサービスの株式会社IBJ様のクレドです。

株式会社IBJ様のクレドはこちらのページで公開されています。
https://www.ibjapan.jp/corporate/corporate_policy

このページに、経営理念とクレドが掲載されています。

■経営理念
「ご縁がある皆様」を幸せにする
私どものサービスをご利用いただくお客様はもちろんのこと、サービスを支え合うスタッフを始めその家族、関わりのあるすべての<皆様>とのつながりを大切に考えています。

私たちは、IBJのサービスを通じ、
<ご縁>をつなぎ皆様の<人生>を豊かにする事業に誇りを持っています。

■クレド(行動指針)
私たちは、顧客満足度の高いサービスを目指し、
その想いをクレドとして掲げています。

●Customer First
私たちは、お客様の声に耳を傾け、顧客満足を追求し続けます。

●Team Work
私たちは、個々の強みを伸ばし、チームワークで解決します。

●Open Mind
私たちは、謙虚さを持ち、周囲の意見に素直に耳を傾けます。

私たちの年代(40代)は、子どもたちのこと、夫婦の将来のこと、いろいろと希望や心配事が常にあります。その今の素直な気持ちのままクレドを読みました。
そして、独身の頃をイメージしてクレドを読んでみました。
すると、いずれの時も、安心感や心強さを感じました。

まとめ

それぞれの会社が、社会や人にどんな想いを持っているのか、どんなことがしたいのか、それを表すのにクレドは最高の表現方法ですね。
株式会社IBJ様のクレドを拝見して、今回も本当に勉強になりました。
1社でも多く、クレドの良さが広がるように今後もたくさんの企業様のクレドを拝見し、私自身も勉強させていただきたいと思います。

今回もありがとうございました。

 

 

 

記事/友松はじめ

クレド勉強会 友松はじめ

勤務していた食品通信販売会社の業務に関連するセールスマーケティング書籍の他、心理学、自己啓発、加速学習等、あらゆるジャンルの本を1 日1~2 冊のペースで読むようになり、3,000 冊以上を読破。
本から得た情報を担当していたインターネット通販に活かし、売上げを月商数万円のレベルから月商1,000 万以上、年商1億のサイトに育てる

現在は、自身の経験を基にしたビジネス読書法講師、読書法を使った読書会ファシリテーターとして、活動中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加