著者:友松はじめ
Pocket

株式会社ホープ様

クレドを研究している友松です。

今回ご紹介するクレドの導入企業様はこちらです。

 

株式会社ホープ様

https://www.zaigenkakuho.com/

自治体の事業を広告やメディアで支援する企業です。

 

株式会社ホープ様のミッションはこちらのページで公開されています。

https://www.zaigenkakuho.com/company/vision/

企業理念と10個の行動指針で構成されています。

■企業理念

自治体を通じて人々に新たな価値を提供し、

会社及び従業員の成長を追求する

 

■行動指針

01.私たちは、走りながら考えます

02.私たちは、謙虚であり続けます

03.私たちは、向上心を忘れません

04.私たちは、絶対に諦めません

05.私たちは、覚悟を持ち、退路は断ちます

06.私たちは、感謝の心を大事にします

07.私たちは、継続の先に革新を生みだします

08.私たちは、衝突を恐れません

09.私たちは、お客さまへ価値を戻すことを約束します

10.最後に、私たちは何よりも情熱を大切にします

 

お客様である自治体とそこで暮らす住民の方のため真剣に情熱を持って業務に臨んでいることが行動指針から伝わってきます!

クレドはリッツ・カールトンの成功で有名になったせいか、サービス業や接客業にしか向かないと考えている人もいます。

しかし、今回紹介させていただいた株式会社ホープ様をはじめ40社以上の会社は、業種も業態も様々な企業様です。

 

今回の株式会社ホープ様のお客様は『自治体』です。

それでも明確な企業理念とミッションを活用されています。

 

会社の数だけ、クレドがあります。

今、クレドが無い会社でもこれから一社でも多くの会社にクレドが導入されることを望みます。

 

そして、私も、たくさん勉強してクレドの普及に役立てるように頑張ります。

日本中に、たくさんクレドが広がっていくと嬉しいですからね。

 

 

記事/友松はじめ

クレド勉強会 友松はじめ

勤務していた食品通信販売会社の業務に関連するセールスマーケティング書籍の他、心理学、自己啓発、加速学習等、あらゆるジャンルの本を1 日1~2 冊のペースで読むようになり、3,000 冊以上を読破。
本から得た情報を担当していたインターネット通販に活かし、売上げを月商数万円のレベルから月商1,000 万以上、年商1億のサイトに育てる

現在は、自身の経験を基にしたビジネス読書法講師、読書法を使った読書会ファシリテーターとして、活動中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加