著者:清水健一郎
Pocket

今回からクレド6ステップ導入マニュアルのステップ1がどんなマニュアルなのか、また導入することで、購入した人にどんなメリットがあるのかについて、開発者の清水先生にインタビューしています。
クレド6ステップ導入マニュアルを購入後のクレド導入の参考にしてみてくださいね。

【友松】:(前回の続き)グッドアンドニューをすれば、そこにいる人たちの間で一体感が生まれることはもう分かっているわけで、先生のコンサルやセミナー、私のセミナーでも読書会でもね。
たとえば、会社の会議やミーティングのはじまる前にグッドアンドニューをすると、みんな前向きになるから良い案もでやすい。

実施することはカンタンですしね。
ただ詳しく知ろうと思うと、私たちが使っているグッドアンドニューが書かれた本が少なくて今までに2冊しか紹介されていない。
この2冊もすでに絶版になってしまっています。

実践的なグッドアンドニューの使い方はクレド6ステップ導入マニュアルで書かれているので読んでみるとすぐに会社やお店に導入、環境も変わると思います。

 

【友松】:今回のインタビューを聞いてくれている人が会社やお店で、クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1、アイスブレイクを取り入れたいとか、勉強したいとか、ちょっと知りたいと思ったときに…

アイスブレイクの本が無いんですよ。(汗)

つまり、アイスブレイクのやり方、会社やお店に定着させる方法を書いているのが、クレド6ステップ導入マニュアルの中のステップ1なんです。

 

【清水】:そうですね。

 

【友松】:分かってしまえば導入がカンタンなアイスブレイクですが、マニュアルを読んでもらえれば今まで話したことがわかり、アイスブレイクを今インタビューを聞いてくれている方のお店や会社にも導入ができると思うんですね。

イメージできないうちは、アイスブレイクもむずかしく感じるかもしれませんがマニュアルを読んで、分かってしまえばなんてとこはないです。

 

【清水】:導入、カンタンです。

 

【友松】:もし今、会社やお店に、

・一体感が無いなあ
・前向きなアイデアが出てこないなあ

と感じている方にはクレド6ステップ導入マニュアルのアイスブレイクを知っていただきたいんですね。

アイスブレイクをするときに、アメリカの子どものおもちゃを使うんですが、これもAmazonで1つ1,000円くらいす。
Amazonで注文したら翌日には届きます。

 

【清水】:個人だと高いと感じるかもしれませんが、仕事のツールと考えるとすごく安いですね。

 

【友松】:会議でもマイナスなことしか言わない人って、どこの会社にも一人はいるじゃないですか。
カンタンなルールがあって、そのルールにそってアイスブレイクをすれば、今回お話してきた効果がでてくるわけです。

 

【清水】:アイスブレイクを朝礼や会議で使えば、それまでギクシャクしていた人間関係やどうも馴染めないなと感じている空気感とか、そういうものが一掃されてしまますよね。

「あの人は、話しかけにくいな」

と思ったら、社内にいても用がなければ話さないじゃないですか。
でも、しゃべってみたら印象が変わったということもありますから、まずはコミュニケーションをとって打ち解け合うようにしないといけない。
そういうときに、アイスブレイクがあれば、それがスムーズにできてしまう。

つまり、がんばらなくていいんです。

あの人、なんだかニガテかも…ということで、用のあるときしかしゃべらないなら、キッカケが無いと関係はそのままですが、

「朝礼にアイスブレイクを導入しました」

ということになれば、がんばらなくてもいいわけで、がんばって関係をつくろうとしなくていいわけです。
これは社内の仲間意識を育んだり、雰囲気をよくする効果は大きいですよ。

 

【友松】:その人のひととなりが分かってきますし、朝礼や会議以外のアイスブレイクをしない場合でも話しかけやすくなりますね。
確かに、しゃべりかけにくいと感じている人に対しては社内で、

「おつかれさまです」

くらいのあいさつはしてもそれ以外は会話は広がりません。
そういえば、清水先生からリッツ・カールトンの総支配人は出勤前はすごくラフなスタイルで、仕事中も総支配人からすすんで話しかけてくれる人だったと聞きました。

アイスブレイクを導入したら、同じような会社やお店になりそうですね。

 

【清水】:はい。なりますよ。^^

 

【友松】:社内のギクシャクをなくしたい、雰囲気をよくしたいと感じたときに、安易にコンサルに依頼したり、コミュニケーションのビジネス書を読んだり、むりやり親睦会をするよりも、まずはアイスブレイクではないでしょうか。

 

【清水】:もう、何よりも『ラク』です。お金もかからないです。
アイスブレイクは、時間がかからない、カンタン手間いらず、効果絶大の料理本のようなものです。

知らないままにしておくか、知っておいたほうがいいか。
私は、とりあえず知っておいたほうがいいと思います。

アイスブレイクの導入は何度も言うようですがカンタンです。
そしてアイスブレイクの導入が成功すれば、クレド導入の半分は成功したようなものです。

 

編集後記

クレドを研究している友松です。
今回からはじまったクレド6ステップ導入マニュアルに入っているマニュアルステップ1の内容や効果についてのインタビューはいかがでしたか?

クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1のアイスブレイク。
費用もかからず、導入もカンタンであるにもかかわらず効果絶大ということが伝えたかったのですがうまく伝わったでしょうか。
一社でも多くの会社、お店に広がってもらえたらうれしいです。

クレド6ステップ導入マニュアルのステップ1のインタビューは今回で終了です。
次回からは『感謝の気持ちがいきかう職場に変わる』クレド6ステップ導入マニュアルステップ2の内容に迫るインタビューです。

必要なことは清水先生から引き出しますので期待してください!

 

 

出演/清水健一郎

清水健一郎 ザ・リッツ・カールトン日本進出第一号ホテル、
ザ・リッツ・カールトン大阪のオープニングスタッフとして入社。身をもってクレドを実践する。

リッツ卒業後、数社のホテル、小規模飲食店をクレドによって立て直し、クレドがリッツ以外で経営に役立つことを証明する。
その後、オーナーサービスマンとして飲食店を開業。自ら経営者となる。

2013年に、これまでの経験を活かし出版した書籍が、ビジネス書では異例の2万5千部の販売を記録するヒットに。
失敗しない、小予算でできるクレド導入法を開発し、クレド導入を考える経営者や管理職の方へ無料レポートやクレド導入マニュアルを提供している。

 

インタビュアー/友松はじめ

クレド勉強会 友松はじめ

勤務していた食品通信販売会社の業務に関連するセールスマーケティング書籍の他、心理学、自己啓発、加速学習等、あらゆるジャンルの本を1 日1~2 冊のペースで読むようになり、3,000 冊以上を読破。
本から得た情報を担当していたインターネット通販に活かし、売上げを月商数万円のレベルから月商1,000 万以上、年商1億のサイトに育てる

現在は、自身の経験を基にしたビジネス読書法講師、読書法を使った読書会ファシリテーターとして、活動中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加