岸本健太郎

プロフィール画像
読書会コンサルタント
ビジネス勉強会ファシリテーター

学生時代にまだ黎明期だったモバイルビジネスに出会い、IT業界に参入。

ネット広告の収益化をメインに、ウェブ制作、プログラム、マーケティングなどに携わり、3,000万、5,000万と、売り上げを伸ばす。

近年では、スマートフォン対応など最新技術を含むネット集客をコンサルティング。
さらには、サロンなどの顧客対応、ニュースレターなど、実店舗のネット・リアルを融合した売上アップを担い、クライアントの売り上げを伸ばしている。

もともと読書家ではなかったが、20代前半に読書と出会い、大きくパフォーマンスが変わる体験をする。
その後、1000冊を超える本棚に囲まれ、日々読書を行っている。

その経験に基づき、同じようなパラダイムシフトを体験してもらうため、読書会の拡大活動を行っている。

友松はじめ

プロフィール画像
読書会コンサルタント
ビジネス勉強会ファシリテーター
ビジネス読書術講師

アメリカで開発された速読法を2003年に初めて習得。
習得後、当時勤務していた食品通信販売会社の業務に関連するセールスマーケティング書籍の他、心理学、自己啓発、加速学習等、あらゆるジャンルの本を1 日1~2 冊のペースで読むようになり、3,000 冊以上を読破。
本から得た情報を担当していたインターネット通販に活かし、売上げを月商数万円のレベルから月商1,000 万以上、年商1億のサイトに育てる。(達成当時の担当部署は、友松本人とパート社員1名のみ。)

また、学習系のメルマガを発行、そして速読系のメーリングリスト(1,200名が参加)を運営し、速読系のメーリングリストとしては当時の日本最大の規模となった。

当時使っていた速読法のアメリカ本部から受講者輩出数世界一として表彰された講師から、一般受講者でありながら”公認講師以上の実力”と評される。その後も、心理学や脳科学、記憶力、読書法に関する書籍を読み続け、他の速読法や記憶術も学び習得し、だれにでも習得できる読書術を開発。

現在は、ビジネス読書術講師として、本を読まないといわれる時代に、読書の価値を見直し、日本中にビジネス書の読書習慣を広めること、そして、ビジネス書の読書の活性化により、地域、企業、個人の活性化、著者・出版社の活気を後押しし、ビジネス書の出版・読書活動をバックアップするという社会的意義も持って活動中。