著者:友松はじめ
Pocket

034

ビジネス勉強会の友松です。
こういうこともありました。

お世話になっているコンサルタントの先生の紹介で、とある中小企業に訪問したときのこと、2階の会議室に通されたとき、無造作にダンボールの箱や空き箱が会議室の片隅に積み上げられていました。

一部、崩れて雪崩の後みたいになっていたりもして、整理整頓すればいいのにな・・・と思いながら眺めていたところ、そこの社長さんが、そのダンボールの中に、一つが数十万から100万円以上する商品が10個以上あると教えてもらいました。

驚いてみてみると、確かに高価そうな商品が・・・。(なぜこんな無造作に?汗)

高すぎて売れない。代わりに売ってくんない?

なんでも、絶対に売れると思って仕入れたが、高すぎてなかなか買ってくれるお客様がいなくて、でも新しく商品がでると、欲しくなってコレクションもかねてまた購入・・・で今に至るってことでした。汗
買ってくれる人もいないし、もうこのままかな。と言っていました。

それで、この高額商品は売ってもいいのか聞いてみたところ、売りたいということだったので、代わりに私が売ることになりました。(なんだか、流れで引きしまったというか・・・汗)

と言っても、1つが何十万とか100万とかの高額商品なんて売ったことなかったので、以前読んだマーケティングの本を読み直したり、新たに本を読んでみたりして、どう売るのか一旦整理してから、ネットオークションなど利用して販売をはじめてみました。

結果、数ヶ月はかかりましたが、写真の撮り方や商品紹介の文章を工夫したりして、なんとかすべて売り切ることができました。^^

そのうちの一本は、オークションということもあり、高級感のある演出をして(実際に超高級には間違いないのですが)100万円の商品を150万円で落札させたこともあります。

これで終わりじゃなかった・・・汗

そして、これで終わりかと思っていましたが、まだまだ、そんなもんじゃ終わりませんでした。。。

そういった高額商品を売っているときに、そこの会社の倉庫に入る機会がありました。
そしたら、倉庫の真ん中のスペースに、ゴミが積みあがっていました。布とかダンボールとかが重ねてあり、ホコリもかぶっていて、なんで整理しないのかな?と思って何気なく見ていました。

でも、何気なく、そのダンボールを取り除くと、そんなに高額ではないのですが、数千円~数万円の商品が山積みになっていました。

「なっ・・・なんじゃこりゃぁ~~!!!」

プレミアが付きそうな限定物も混じっていました。

そこの社員いわく、
「メーカーが少し商品のパッケージを変えると売れないんすよね~」
だって・・・・・。^^;

これも、もったいないので、オークションで売りきっちゃいました。^^

トータルで1000万くらい現金化したと思います。
私が売らなかったら、どうしてたんだろう・・・?

とはいえ、通信販売やセールスの本を読んで、実際にネットショップの運営をやっていなかったら、実際にこんな高額商品も現金化できなかったので、やはり本の威力は凄いなと思いました。
そこの社員には処分に困っていた、ゴミに見えたものが、私には高価な商品に見えたわけですから。

でも、売り切って思ったんですが、
こういう会社って多いんだろうな。もったいないな。と思ったわけです。^^;

やっぱり、このような経験を思い出すと、社内で読書会形式の研修を行って、ひとりでも多くの社員さんに読書習慣を身につけてもらうことの必要性を本当に強く感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加