著者:友松はじめ
Pocket

いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる銀座の雑談手帳/日髙利美(著)

読書会ファシリテーターの友松です。

今日あなたにご紹介する本はこちら。

いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる銀座の雑談手帳/日髙利美(著)

です。銀座のクラブのママが書いたコミュニケーションのための本です。

 

会話を続けるためのビジネス書はたくさんあります。

どの本を読んでも参考にはなるんでしょうけれど、この本はその中でも特に、会話が続かない、何を話していいかわからない、特に世代が離れている人と仕事すること多い、もっとスマートにマナーをもって、そして粋な会話をしたいと思う人には、まさにうってつけの本だと思いますよ。

 

だって、著者は銀座のクラブのママなんですから。

私も昔、博多の繁華街で働いていた経験があり、その中で高級クラブからキャバクラ、スナックまで幅広く出入りしていました。その中で感じるのは、お客さんを気持ちよくさせることがとても上手だということ。

お店から出てくるお客さんは、泥酔してどうしようもない人から、仕事の商談が終わって、クラブから出てくる人、いろんな人を目にしましたが、どのお客さんも嫌な顔をする人はいませんでした。

 

そして、クラブのママの誕生日になると、その誕生日から数日間はお祭りのような賑わいになります。

地元博多の常連客はもちろん、全国各地からママのファンがお店に来ます。

どうしてもお店に来れない人も、大きな花束やフラワーアレンジメント、一鉢何万円もする胡蝶蘭などのプレゼントを贈ってくるので、お店に外にも花があふれます。

 

なぜ、クラブのママにそこまでするのかというと、ファンだからです。

そして、ママと話すと楽しいからです。嫌な気持ちにはならないからです。

 

クラブのママやホステスは、お店でお客さんと会話をするのが仕事です。来店するお客さんのバックグラウンドは様々です。

そんな人達と会話をするだけじゃなく、楽しませるのですから、その会話術が私たちの参考にならないわけがありません。

 

雑談はムダで意味の無いものではありますが、雑談は人と人の縁をつないだり、信頼関係を作ることができる。

そして、雑談は、年齢、性別、立場をこえた関わり合いができるツールだとも書いていました。

雑談をムダと考えてはダメですね。損をしちゃますよ。

 

あなたも、今まで仕事でいろんな会話をしてきたと思うのですが、この本を読んでいくと…

 

「あー、あの場面はこういう会話をすればよかったのか!」

「こういう場面は経験が無いが、たぶんこれから経験すると思うので覚えておこう」

 

など、会話あるあるが本当に役立ちます。

しかも、年齢、性別、社会的立場、それぞれで役立つケーススタディが学べます。

タイトルが、『いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる銀座の雑談手帳』ですが、読んでみるとその名の通りです。

 

目次を一部紹介すると、

第2章

ケース別雑談の処方箋

苦手なタイプ

年が離れている

趣味が合わない

自分以外の人が盛り上がっている

マイナスな雑談

異性

 

などなど、絶対に参考になるケーススタディが満載です。

 

私もですが、会話コミュニケーションにストレスを感じている人におすすめしたい一冊です。

 

いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる銀座の雑談手帳/日髙利美(著)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加