著者:友松はじめ
Pocket

ブランド作りの教科書

ブランドづくりの教科書/林田 正光(著)

『ブランド作りの教科書』を読みました。
著者の林田正光さんはリッツ・カールトンやクレドで有名な著者のお一人です。

この本のテーマは、企業や個人のブランドとは何か?
それを正しく理解して自分の会社やお店のブランド作りをしませんかという内容。

特に個人のブランドを作りたいと考えている方にはオススメの本だと言えます。
ブランド作りに必要なポイントがかなり詳しく書かれています。

個人のブランド作りにオススメだという理由は、ズバリ著者の林田さんの経歴からです。
林田さんは、熊本の高校を卒業後、藤田観光株式会社に就職し32年間勤務されています。
その後、退職してリッツ・カールトンのオープン前に採用されます。

藤田観光をやめた理由は、49歳のときに大病を患ったことが原因でした。
入院と療養で職場復帰までに2年間をついやします。
そして復帰したものの、会社からの冷遇で失意のまま退職します。

そしてリッツ・カールトンの幹部社員の一般募集に応募して見事採用されます。
たしか林田さんは、リッツ・カールトンに入社する前に2000人の人脈をもっていて、7年間のリッツ・カールトン在籍中にその人脈を3000人にまで増やします。

林田さんのいう人脈は、名刺交換程度のことではありません。
林田さんが考える人脈は…

1.いつでも電話ができる
2.いつでもお願い事ができる

この2つができる人です。
そんなことができる人が3000人。
すごいです。

50歳になって、外資系の一流ホテルに勤務。
7年間のリッツ・カールトン勤務のあと、独立、数社のホテルの立て直し、20冊以上の本の出版。

ブランド作りの教科書というタイトルですが、著者の林田さん本人がブランド作りの見本のような人です。
だからこそ、リアル感をもって興味深く読むことができるんです。

おすすめしたい人は、ブランドを作りたい人、特に個人のブランドに興味のある人と言いましたが、今お話した林田さんの経歴がベースにあるからです。
ぜひ、読んでいたいだきたいと思います。

目次
はじめに
第1章:ブランドとは何か
第2章:会社ブランドをつくる
第3章:自分ブランドをつくる
おわりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加