著者:友松はじめ
Pocket

hana

読書会ファシリテーターの友松です。

たしか、この会社とは6年くらい関わったのかな?
ほんとにいろんなことに関わらせてもらったんですが、最後はこんな経験をさせてもらいました。^^;
今回こそはマジで無理だろうと思ったけど、出来ちゃうんですよね、コレが。

未経験でも、入門書から本を読み、基礎の土台を固めて、中級、上級と知識を入れる作業を行なう。
そして、それに併せて、入れた知識を入れっぱなしにしないで、なんどもアウトプットして自分の身につけていくという作業を繰り返すと、短期間で技術習得が可能なんですよ。

この事例は、短期間で技術習得した好例かもしれないです。
業務を振られた私はたまったもんじゃなかったですけど。(汗)

未経験のスキルは身につくのか?

そして、一番苦労したのが花屋運営でした。^^;
社:「君は、花は好きか?」
私:「・・・・嫌いじゃないですけど」
社:「そうかッ!良かった!」

という会話がキッカケで、
社:「友松君は花が好きなんだ。だから花屋の事業にかかわってもらうぞ!」
ということになりました。
 
 
もうその頃は、読書法を仕事に役立てる方法もスキルのブラッシュアップも進んでいて、今やっているビジネス読書の構想も出来上がりつつあったので、好奇心旺盛な社長から、そろそろ卒業しようと考えていたんですが、お店の立ち上げだけじゃなく、花束やフラワーアレンジメントも未経験のままスタートさせるという、これもそうそう・・・いや、絶対に経験できることじゃないなと、こういったことも習得するのに読書を使った場合どうやったらいいのかなど、スキルを短期間で身につけるテストもできると思い、だれも経験できないぞこんなこと。と挑戦してみました。
 
 
実はココだけの話なんですが、もともと作れるスタッフがいたんですけど、なんと一度に全員辞めちゃったんで、私しかいなかったってのもあるんですけどねー。^^;
 
 
結果、花束やフラワーアレンジメントも普通に出来るようになりました。
お店なので、注文したお客様が目の前で待っているため、かなりの緊張がともないます。
それに、お客様の好みをきいて、センスよく仕上げないといけないため、ただ花束を作ればいいってことじゃないんですよね。
花束とか作るのなんて、もちろん私、未経験ですよ?

でもこれも、本からの情報を中心に1ヶ月弱で身につけました。
ちゃんと花を長持ちさせる技術とか、管理の方法とか、仕入れの方法とかも含めてですよ。

実は、実技を習得するちょっと特殊な読書法もあるんですよ。(教えてませんが。汗)
ちょっと前まで未経験だったのですが、2~3ヶ月ですが一人でお店も切り盛りしてました。(われながらよくやれたと思います。)

乗り越えられたのは読書のおかげ

当時は毎回コロコロ変わる事業に戸惑いながらもなんとかやれてきたのは、読書法で本を読み情報を収集できたからだと今だからこそ分かります。私が読書法のファシリテーターだから言うわけじゃなくてです。

読書は本を読んで情報を得る、知らないことを知ることができる、というだけじゃなく、能力を上げるという機能もあるんです。実際、読書は脳を鍛えるとも言われています。
それに、多くの情報を脳にインプットすることで、視野が広がり多くのことができるようになります。

そうじゃないと、この会社でやってきたことが説明できないんですよね。

そういった経験も私たちが提供する読書法には取り入れられてます。
・短い時間で効率よく本を捌いていく読書法
・短期間に大量の情報をインプットして能力を上げていく読書法
・アイデアを無限に創造する読書法

いろいろと回り道をしましたが、あなたには回り道をすることなく、読書によって成果を取って言っていただきたいと思ってます。^^
 
 
花屋は全国展開するのだって言ってたけど・・・。
まだちゃんと続いてるのかな・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加