ビジネス読書会では、既に本を読んでいる読書家の方にももちろんですが、まだあまりビジネス書に触れていない方に、「楽しい・興味を持つきっかけ」を提供することを大切にしています。

興味さえ持てれば、あとは自然と本は読んでしまいます。

ですが、その最初の興味の部分で、「読書」に対する抵抗感をお持ちの方もいます。

そこで、マンガのビジネス書を導入に活用します。

通称「もしドラ」や、漫画で学ぶ7つの習慣など、過去の名著がマンガになったり、マーケティング・営業・コミュニケーションなど、様々なジャンルでマンガが認知されてきており、最近だとプレジデントネクストが創刊されるなど、一つの大きな波になってきています。

まずはマンガで抵抗を減らし、読書に触れていただく。
そうすれば、あとは自然とビジネス本読書に興味が湧くようになります。

文化庁の平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果では、

1か月に本を1冊以上読むと回答した人のうち 77.1%が,「今後も読書量を増やしたいと思う」と回答。

これに対し、1か月に本を1冊も読まないと回答した人のうち 44.7%が,「今後も読書量を増やしたいと思わない」と回答しています。

つまり、まずは1冊、きっかけとなるものがあれば、読書量を増やしたい、という方向に向く方々が増えるということ。

そのきっかけを、できる限り提供していきます。