2009年の日経新聞での調査では、

「年収800万円以上の人は本代(月額購入費)は2,910円、400-800万円:2,557円、400万未満:1,914円であり、読書量は年収に正比例する。」

というデータが示されています。
統計データではありますが、関連性があることは否定できません。

また、「Business Management Degree」では、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のような大富豪を含む富裕層と年収3万ドル(約300万円前後)以下の層について、下記のように発表しています。

・88%が1日30分以上ビジネス書などを読む(「年収300万以下層」は2%)
・86%が読書家である(「年収300万以下層」は26%)
・63%が移動時間にオーディオブックを聴いている(「年収300万以下層」は5%)

さらには、雑誌「プレジデント」2012年4月30日号にて、
「高収入の人は読んだ本や内容について話す相手がいる」
という関係が取り上げられています。

つまり、

・読んだ本について話す相手がいて
・書籍購入費を一定以上使っていて
・ビジネス書を読んでいる

という条件は、年収と関係が深い、と考えることができるのではないでしょうか。
この条件を全て満たすよう、「ビジネス読書会」を運営しています。

そして、この「きっかけ」を、まだビジネス本読書に触れていない方々にも提供することで、より多くの方にビジネス本読書に目覚めてもらうことを目指しています。