ビジネス勉強会では、元リッツカールトン大阪のオープニングメンバーであり、リッツカールトン関連書籍の著者でもある清水健一郎を中心に、クレドの導入を進めるためのノウハウをお伝えしております。

体験クーポン配布中!今すぐチェック!
cred-in-banner

「クレド」の導入なんて関係ない・・・売上が上がるとしてもですか?

クレドというと、よく「大企業が導入するもんでしょ」とか、「スタッフが5人しかいないうちには関係ないよ」と思われる方が多数います。

口を揃えて言われることは、「リッツだからできたんでしょ」。
これを聞くたびに、私は「もったいない」気持ちになります。

確かに、クレドの周りには、「ミッション」「ビジョン」などの一見高尚とも聞こえる言葉があるせいで、その本当の価値が見えづらいのかもしれません。
「食べず嫌い」になっている経営者さんや社長さんがいらっしゃるのも事実です。

また、ちょっとした書籍を読んだものを導入しようとして失敗した、続かなかった、などの失敗経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

それはひとえに、導入の方法や手順が間違っているからです。

なぜ私はクレドを浸透させることができるのか

クレドは、例え10人以下の職場でも効果を発揮します。

上手くいかないのは、きちんとした導入の方法を学ぶ場がほとんどないため。
つまり、クレドが悪いのではなく、クレドを浸透させる方法がおかしいのです。

私、清水健一郎は、

・リッツカールトンで直にクレドを体験し、持ち歩き、浸透した現場で働いた経験
・リッツカールトンを退社し、クレドの浸透がうまくいかなかった失敗体験
・自身でのオーナー・経営者経験

を体験しています。
だからこそ。そう、だからこそ「関係ないよ」「リッツだからできたんでしょ」と言われる気持ちが痛いほどよくわかります。

でもご安心ください。
多くの立場を体験した私だからこそ、

1.実際に浸透させるためにつまづくポイントを知り
2.それをプログラムに落とし込み
3.社員やスタッフに気持ち悪がられずにハードルが低いところから導入し
4.結果的にクレドが浸透してしまう

このステップを小規模店を含む経営者様方にお伝えできるのです。

今なら入会金・初月無料

導入にあたり、私が作り上げたプログラムをビジネス勉強会内でご提供しております。

また、著者としての講演活動、コンサルティングも行っております。
(コンサルティングは先着順ですので、ご予約が埋まっている場合お断りする場合がございます。予めご了承ください。)

現在クーポンを発行しており、そちらからお申し込みの方は入会金無料・初月無料にてお申し込みいただけるキャンペーン中です。

お申し込み後、すぐに1ステップ目のプログラムを手に取っていただけますので、ぜひご請求下さい。

お申し込みは今すぐビジネス勉強会へ

クレド導入に関するコンテンツは、ビジネス勉強会内にてご提供しております。

クレド導入にご興味をお持ちの方は、ぜひ、この機会にご入会をご検討ください。

体験クーポン配布中!今すぐチェック!
cred-in-banner

detail-link